陶友会

Contact TEL About
TOP

陶友会

8.20 講演会のお知らせ

講演会案内パンフレットダウンロード

PDFダウンロード

陶友会 the講演会part6
歯科技工は何処へ向かうのか?

講師プロフィール及び講演内容

講 演15:30-17:30

治療に関わる事の重要性―診断力をみがきつづける―

中村 悠介Nakamura Yusuke

所 属スタディーグループWAVE 会員 / 東京SJCD 会員 / スタディーグループW-inc 会員

2002日本大学歯学部付属歯科技工専門学校卒業
2003マスターセラミストスクール デイコース2期修了
有限会社グランツテクニカ入社
2011医療法人社団幸友会中野デンタルクリニック勤務
2014にしむら塾東京7期 修了
2015クワタカレッジシニアコース122期修了

補綴修復治療において、特に咬合再構成、欠損補綴、審美修復など症例によっては製作する技工士の立場から、診査と診断、治療計画に関わる必要があると思います。得られた情報と担当医とのコミュニケーションから治療ゴールを共有し、治療計画への参加、治療途中の再評価においても状況を把握して提案する事で、最終補綴製作時の難易度緩和につながるだけでなく、治療結果に対しても差がでる程、技工士は歯科医療において大きな役割を担っていると考えております。今回はそのように治療に関わり、咬合崩壊患者に全顎的補綴治療を行った症例を元に技工ステップ、近似症例を含め私の感じている技工士の重要性をお話させていただきます。

講 演13:00-15:00

エピテーゼを使用したQOL向上支援コミュニケーションの必要性

萩原 圭子Hagiwara Keiko

所 属デンタルアカデミー東京 エピテーゼコース講師 /日本歯科技工士会認定講師 / 群馬県歯科技工士会 会員 / 日本歯科技工学会 会員 / 日本口腔顎顔面技工研究会 会員

1998

2004
2011
埼玉歯科技工士専門学校卒業
有限会社みずほ歯研入社
株式会社萩原歯研勤務
株式会社萩原歯研・エピテーゼ製作室メディカルラボK設置

外傷や手術痕、先天性による身体の欠損を抱える人々の多くは、自身に欠損があることに関して少なからず精神的苦痛を感じています。エピテーゼを用いて外観のケアをすることにより精神的苦痛の解放となりそれは生活の質(QOL)の向上となります。またエピテーゼ製作には歯科技工士としての技術や知識が大いに役立つ一方、患者とのコミュニケーションが最も大事な役割であり難しいポイントとなります。今回は製作前のカウンセリングの段階から納品まで、複数の症例を交えてお話しさせていただきます。

日 程

平成29年820日 (日曜)
12:00開場 12:30開講 17:30終講
12:00-18:00 企業展示
※途中30分休憩あり。


会 場

(株)白鵬 東京研修センター
東京都千代田区麹町2-3-3 FDC麹町ビル10FGoogle MAP


定 員

80
超えた場合、立ち見となる可能性がございます。 当日はご来場頂いた順に席にご案内します。


参加費
事前受付 当日受付
陶友会 正会員 3,000円 4,000円
陶友会 準会員 5,000円 6,000円
一 般 5,000円 6,000円
技工士学校学生 / MCS学生 無料 ※当日申込不可
懇親会 5,000円 ※当日申込不可

※価格は全て税込み。※昼食は付きません。 ※懇親会は会場周辺を予定しております。


協 賛

※順不同

  • (株)白鵬
  • (株)ジーシー
  • (株)松風
  • (株)SmartpracticeJAPAN
  • 日本メディカルテクノロジー(株)
  • (株)アイディエス
  • (有)エフ・イー・エー
  • (株)ジャパンリッチフィールド
  • 山八歯材工業(株)

主 催

陶友会 役員会


事前受付終了事前申し込みの受付は終了しました。
当日に受付にてお申込みください。

過去の講演会

陶友会では定期的に講演会を開催しております。
過去の講演会につきましては、下記よりPDF資料をご参照いただけます。


About us

陶友会は、デンタルアカデミー東京の卒業生、及び名称変更前のマスターセラミストスクールの卒業生、や当会の活動方針に賛同して頂いた方々を中心に、東京都御茶ノ水を拠点に2002年に発足した、歯科技工士が集うスタディグループです。

陶友会は、歯科医療の現場を支える歯科技工士の方々に有意義と成り得る情報を配信するため、そして歯科医療の発展に寄与する事を目的として、会員をはじめ、一般の方々や歯科技工士を志す学生の方々に向けて、定期的に講演会を開催しております。

「歯科技工は何処へ向かうのか」―その深潭たるテーマを掲げ開催しております当会の講演会には、永らく歯科技工業界で顕著な活動を精力的に続けられて居られる著名な先生方を招聘し、ご登壇頂いております。最新の歯科システムを包括するような講演や、より身近な明日使える技工テクニックをテーマとした講演内容など、多角的に歯科技工を議論する場を積極的に設ける事で、当会は様々な方々よりご好評を頂いております。

Thank you for your continued support.